2007年07月29日

シャネルの香水

No.5

永遠の女性らしさ、そこはかとない女性らしさを表現する花束のブーケ。すでにシャネル、マリリン・モンローと共に伝説になっている香水。

1921年5月。調香師エルネスト ボーが、試作した香水数点をマドモアゼル・シャネルに届けると、彼女は迷わず5番目の香りを選びました。これがN°5です。


チャンス

フローラルとバニラのノートを強調した香りは、官能的な世界を創りだしました。シャネル香水の伝統を受け継いだグラース産ジャスミン、バニラ、アイリスのアブソリュートを組み合わせたフレグランス。


アリュール

多面的ないくつもの表情、あらがいがたい魅力想像力あふれるフレッシュな花々のブーケです。

エレガンスを共通のテーマとしながら、ひとりひとりの魅力(allure)を生かすことのできる、シンプルでナチュラルなフレグランスとして誕生しました。シャネルの「ネ(鼻)」と呼ばれるジャック・ポルジュが創り上げたこの香りは、マドモアゼル・シャネルを知る人々から、彼女そのものの魅力が表現されているといわれていますが、それは同時に女性それぞれの魅力を引き出す香りでもあります。


アリュール センシュエル

魅惑的で個性的なソフト オリエンタル フローラル。 生まれながらにして持つセンシュアリティを高め、人を惹きつけずにはおかない香り。アリュールの香りを、センシュアルに表現しています。 センシュアルでミステリアス。暖かみにあふれ、まるでヴェルヴェットのように柔らかな香りです。


ココ

官能とバロックを表現した香り情熱と官能をたたえた豊かなノート。1979 年3月、カンボン通りにあるココ・シャネルのアパートメントを初めて訪ねた調香師ジャック・ポルジュは驚愕しました。シンプルで無駄を省いた製品を愛するココの部屋に、エキゾチックな品々や異なった時代のさまざまなオブジェが魅力的に共存していたからです。そのココの多面性を理解し表現するために、ポルジュはシャネルの調香師として初めてフェミニンなフレグランスを創作し、彼女に捧げました。


ココ マドモアゼル

花びらのような軽さを持つ、フレッシュ オリエンタルの香り。ココ マドモアゼルは、マドモアゼルシャネルの精神を現代的に表現した香りです。大胆で強い意志をもった彼女は、エレガンスはシンプルの中に、ラグジュアリーは純粋さの中に存在することを証明しました。その強烈な個性にも関わらず、彼女はその魅力をもって、男性たちを魅了したのです。この価値観はシャネルの香り
ココマドモアゼルの中に再現され、多くの女性たちの支持を受けています。


No.19

ダイナミックな香りを表現するもうひとつのナンバー。ホワイト、グリーンの花の香りが調和した斬新なブーケ。N° 19は、マドモアゼル・シャネルの誕生日である8月19日から名付けられました。19という数字は伝承では太陽神を表し、熱い感動を秘めた香りです。マドモアゼル・シャネルは「かけがえのない存在であるためには、違いがなければならない」と語っています。個性を感じさせる独特のスタイル、大胆さと繊細さをあわせもつ、意外性というエスプリが香ります。


クリスタル

はつらつとした弾けるような香り。朝露のようにフレッシュで爽快、そして心誘うファンタスティックなブーケ。たぐいまれな2つの「ネ(鼻)」、2つの世代、2人の調香師のセンスが融合されたフレグランス。1974年にアンリ・ロベールが、まずクリスタルオードゥ
トワレットとして最初の香りのメロディを創作。その20年後に彼の後継者となったジャック・ポルジュが、アンリのテーマを生かしてオードゥパルファムを創リ上げました。



アリュール オム

爽やかさと官能性をあわせもつ多面的な香り。ウッディノートとスパイシーノートのフレッシュで官能的なハーモニー。スクウェアボトルにシャンパンメタリックのキャップ、タバコブラウンのカートン。シンプルで男性的なデザインのアリュールオムは、発売されるとまたたくまに話題を独占しました。このフレグランスの広告キャンペーンで、シャネルは各分野で成功をおさめた男性に、人生の目標、正直な気持ち、そして自分の真の魅力について語ってもらう手法をとり、多くの共感を得ました。


アリュール オム スポーツ

輝くような爽やかさと躍動感が満ちあふれる、新たな官能性。アリュール オム スポーツが表現するのは、その身のこなしが圧倒的に魅力的な男性。伸びやかな躍動感に満ちた太陽のきらめき、素肌に感じる風のような爽やかさ。フレッシュに香る、ダイナミズム。


アンテウス

力強さと繊細な魅力のハーモニー。温かさと力強さが微妙に組み合わされたブーケ。1981 年、シャネルの3代目調香師ジャック・ポルジュは、男性用のフレグランスを初めて創作しました。アンテウスと名づけられたこの香りは、シャネルのメンズフレグランスのなかで最も力強いものとなりました。ダークレッドの箱に入った黒いボトルは、力強く、魅力的な男性を象徴し、発売と同時にセンセーションを巻き起こしたのです。


エゴイスト

独創的、独立心に満ちた強烈な個性。ウッディなアコードとバニラノートの柔らかなハーモニー。今、多くの男性は個性的であるどころか、慣習に従うことが日常になってはいないでしょうか。すると不思議なことに、フレッシュな香りを好む傾向がうまれます。エゴイストは、そういう男性にむけてまったく異なるフレグランスの世界を開くために、オリジナリティーを強調した個性の際立つフレグランスとして創られました。ウィットに富む挑発的な名称は、勇気を要する賭けでもありました


アゴイスト プラチナム

清澄な華やぎが印象的なモダンな香り。温かみのあるエキゾチックな木の香りを持った爽やかな香り。賞賛で迎えられたエゴイストの発売から3年後、エゴイストのクリエーターであるジャック・ポルジュは、エゴイストの成功の裏にある刺激的なスピリットを残しながらも、その個性を少しだけ柔らかく表現する香りを創り出しました。個性を抑えながらもより複雑な香りを持ったこのフレグランスは、エゴイストプラチナムと名づけられ、もうひとつのエゴイストとして成功を収めました。


プールムッシュウ

永遠のエレガンス。繊細で洗練された爽やかな香り。マドモアゼル・シャネルは生涯を通じて女性であることを楽しみ、才能あふれる男性たちとの交流も豊かでした。ピカソ、ストラヴィンスキー、コクトー、ウェストミンスター公爵など、彼女はこうしたアーティスト、貴族、デザイナー、企業家などに、あるフレグランスをプレゼントしています。それがプールムッシュウでした。

posted by 唯 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(11) | シャネルの香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。