2007年07月29日

メゾンの歴史

1910年 - パリのカルボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店。
1913年 - ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。
1915年 - ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープン。
1916年 - 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。ジャージー素材のドレスを発表。
1921年 - 本店をカンボン通り31番地に移転。シャネル初の香水「No.5」を発表。
黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」を発表したり、 男性用ツイード素材のスーツを発表して話題となる。
1939年 - 香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖する。

  1954年 - 閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。
1970年 - 香水「No.19」を発表。
1971年 - コレクションの準備期間中、住居としていたホテル・リッツで、ココ・シャネル死去。没後もメゾンは継続し。
1974年 - アトリエのチーフだった、ジャン・キャゾボンとイヴォンヌ・デュデルがグリフを継いで製作にあたる。
1977年 - シャネル香水会社が、スティリストのフィリップ・ギブルジェを招き、プレタポルテ部門と専用ブティックをオープンした。
1983年 - ドイツ人デザイナー、カール・ラガーフェルドが芸術顧問、オートクチュール・コレクションの責任者として起用。
  ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、再興を果たす。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49593581

この記事へのトラックバック

帽子をあなたに捧げます
Excerpt: 手ごろな厚みで厚すぎもせず薄すぎもしなくてすごくいい感じです。ニットキャップ系にしては少し値段が張りますが裏側には縫い目が無い製法で作られていてゴロゴロ感がまったくありません。すごく気に入ってます。色..
Weblog: 男性用のレス
Tracked: 2007-08-11 05:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。