2007年07月30日

ココ・シャネルの人生

☆ 創始者 ☆☆

ココ・シャネル Coco Chanel  本名 Gabrielle Bonheur Chanel
1883年8月19日 - 1971年1月10日
フランスの女性ファッションデザイナー

☆☆ 創業 ☆☆

1910年 パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という名で帽子専門店を開店
1915年 ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープン。翌年コレクションを発表し大成功を収める。


☆☆ 生い立ち ☆☆

ココ・シャネルはフランス南西部オーベルニュ地方で生まれる。
12歳の誕生日を迎える前に母親が他界、父に捨てられ、孤児院や修道院で育つ。
「ココ」は愛称で、田舎町ムーランでお針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌っていた"Ko Ko Ri Ko"(コケコッコウ)と、"Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero"(トロカデロでココを見たのはだれ?)という歌の題名にちなんでつけられたもの。

☆☆ 起業 ☆☆

1909年、マルゼルブ大通り160番地で、帽子のアトリエを開業。
 当時交際していた将校であるエチエンヌ・バルサンに伴われてパリ郊外の彼の牧場で、囲われるような生活を送っていたらしが、退屈しのぎで制作していた帽子のデザインが認められて、彼の援助で開店する。

1910年、パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という名で帽子専門店を開店。
 エチエンヌを捨て、彼の友人の英国人青年実業家アーサー・カペルと駆け落ち同然でパリに出る。カンボン通りの店はアーサーの出資によるもの。当然のことながら、カペルは投資をしたことを悔いる必要はなかった。

1913年、ドーヴィルに二号店を開店。
1915年、ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープン。翌年のコレクションでジャージー素材をのドレスを発表し大成功を収める。

仕事は順調だったが、カペルが貴族の令嬢と結婚してしまい、一旦二人の関係は終わる。しかし、それを悔いた彼はシャネルのところへ帰る途中、自動車事故で落命してしまい、さらにシャネルを絶望に近い状況にまで追い込んでしまう。親しい友人の助力で、ゆっくりと活力を取り戻さなければならない程のショックを受けたらしい。
きっと、とっても似たもの同士だったのだと思う。出生が不確かで、しかし優れた才能があり、やり手で上昇志向が強い。恋人としてでなく、同志的な意味でつながっていたのだろう。

☆☆ 興隆そして引退 ☆☆

1921年、本店をカンボン通り31番地に拡張。シャネル初の香水「No.5」、「No.22」を発表。

1924年、以降6年間に及び交際することになるウェストミンスター公爵と出会う。彼から多くもらった宝石類から着想を得た、模造宝石を使ったジュエリーを発表。

さらにこの間に、後にシャネル・スーツとして発表されるスーツの原型がつくられ、ロシアの詩人だったイリア・ズダネヴィッチが、工場長を務める間、31-34年にツイード生地の開発に取り組んだ。

1934年、企業として順調に成長し続けるシャネル・ブランドは、アクセサリー部門のファクトリーを開設。翌年服地専門のファクトリーも開設した。

1939年、当時4000人を抱える大企業として成長したシャネルだったが、労働者のストライキであっさり一部店舗を残し全てのビジネスを閉鎖、一時引退する。

以後15年間ファッション界では沈黙を守る。

第二次世界大戦中の1940年にフランスがナチス・ドイツ軍に占領された際に、ドイツ軍将校を恋人として安穏な生活を送った。1944年自由フランス軍と連合軍によるパリ解放後に、対独協力者としてフランス中で非難を浴び、彼とともに戦後の数年間スイスのローザンヌへ脱出し亡命生活を送った。

☆☆ 復活 ☆☆

1954年、沈黙を破り、ファッション界へカムバックを果たす。ヨーロッパではバッシングを受けたが、女性の社会進出がめざましいアメリカで熱狂的に受け入れられる。

1955年シャネル・スーツを発表。アメリカで「過去50年間でもっとも大きな影響力を与えたファッションデザイナー」としてモード・オスカー賞を受賞。

1971年、住居としていたパリのホテル・リッツにて、コレクションの準備中に87歳で亡くなる。亡骸はスイスのローザンヌの墓地に埋葬されている。
posted by 唯 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ココ・シャネルの人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49592792

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。